【iPhoneカメラ 写真のコツ】カフェで薄暗い写真になる時は? おいしそうに明るく撮る方法

【iPhoneカメラ・写真のコツ】

カフェやレストランで撮影する時に、
よくある失敗例は、
薄暗くなってしまうこと。

美味しそうに見えるように、
明るく撮る方法は?

まずは、成功例です〜(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

写真撮影&デザインで、
あなたのブランディングをお手伝い!
kie(きぃ)です。
iPhoneフォト&Instagramも研究中です♪

カフェで、おいしいスイーツを食べた時、
パパッと、iPhoneカメラで写真を撮ることも
多いですよね〜(´▽`)

とってもおいしかったのに、
なんだか美味しそうに見えないって時は、
ありませんか〜?

 

 

 

 

 

例えば、こんな感じ・・・

 

 

 

 

 

 

 

原因は、この写真のように、
暗い写真になってしまっているのでは?

そんな時は、

撮る時に、明るく
露出補正をしてみてください♪

やり方は、

ピントを合わせたいところをタップして、
太陽マークが現れたら、
上にスライドさせるようにすると、
画面が明るくなります。

 

 

iPhoneで明るく撮影する方法

 

 

 

ちょうど良い明るさになったら、
シャッターを押して、撮影しましょう♪

明るくなると、
ぐ〜んと印象がアップします(´▽`)

 

 

 

 

食べ物の写真は、
明るい方が美味しそうに見えるので、
お試しくださいね〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑)実は、この写真は、撮った後、
さらに、アプリで明るくしています( ´艸`)

なぜか?っていうと・・・

露出補正だけでは、
きれいに明るくできなかったから・・・

明るく露出補正する時に、
注意することがあるんです!

撮影する時に、明るくしすぎると、
明るい部分が、白く飛んでしまうことがあります(><;)

下の写真は、白飛びして、
カプチーノの泡がわからなくなっています(T▽T;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るい部分は、これ以上明るくできないけど、
全体は暗いなぁって時は、
あとは、アプリで明るくすればOK!(*^^*)

これ以上、明るくすると、
お皿が白飛びするので、
少し暗いまま撮影したのが、
下の写真です。

これをアプリで、明るくしたのが、
一番上の成功例なのです( ´艸`)
同じものが、こちら↓

アプリで明るくする方法は、
また、ご紹介しますね〜♪(´▽`)

iPhoneフォトレッスンでは、
iPhoneカメラで写真をステキに撮る
いろんなコツをお伝えしています♪
 ↓ ↓ ↓

iPhoneフォトレッスン
3月25日(土)13:00〜
@大阪 梅田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています☆
応援クリックしていただけると
すごく 嬉しいです♪(*^^*)
とっても励みになります☆
 ↓ ↓ ↓

インスタも、ちょこちょこポストしてます♪
フォローしていただけると
とっても嬉しいです(*´◡`*)
 ↓ ↓ ↓
Instagram kie Instagram インスタグラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 芍薬 iPhone写真
  2. iPhoneカメラ・セルフタイマー

カテゴリー

2019年3月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP