写真は明るさで印象が変わります!アプリやソフトで明るさ調整する時の注意点も

写真をパッと見た時の印象は、
明るさにすごく左右されます〜♪(*^^*)

とっても爽やかなカフェのテラス。

この写真は、iPhoneカメラで撮って、
アプリで明るくしました〜♪

写真とデザインで、
女性起業家のブランディングや
売上アップをサポート!

フォトグラファー
フォトスタイリスト
グラフィック&webデザイナー

KEY(キイ)です。

同じ写真を、アプリで暗く編集すると・・・

 

早くライトをつけなきゃ!
って思う、薄暗い夕暮れの
しっとりしたイメージに・・・( ´艸`)

今回は、単に明るさを調整しただけじゃなく
色合いなども編集してますけど、

明るい写真か、暗い写真かで、
見た人の受け取り方が変わってくると思うんです。

明るい写真は、爽やかさ、軽やかさ、
優しいイメージなどが感じられます。

一方、暗い写真は、
重厚感、渋さ、落ち着きなどが感じられるでしょう。

だから、明るさを変えるだけでも、
自分の表現したいイメージに
近づけることができます。

ちなみに、撮ってそのままの元画像は、こちらです。

 

見た目より少し暗めに撮ってます。

なぜ暗めにしているかというと

これ以上明るくすると、
右奥のパラソルが白飛びして
(真っ白になって)しまうんです(^▽^;)

 


※こちらは、アプリで明るくしてみました。

上のように、真っ白に白飛びしたところは
アプリでは、どうしようもないので、
撮る時に白飛びしないように気をつけています。

そうして、白飛びしないように撮った元画像を、
素直に(笑)、明るく画像編集すると・・・

素直に、明るく爽やかな写真になります( ´艸`)

そして、もう少し印象を変えるために
さらに明るくしたのが、
一番上の写真なんです(*^^*)

アプリで編集する時も、
そのまま明るくすると、白飛びするので、
明るい部分が白飛びしないように気をつけながら、
暗い部分を明るくしていきます。

同様に、写真を暗くしたい時も
そのまま暗くすると、
暗い所が、真っ黒に黒潰れしてしまうので、
黒潰れしないように注意しながら暗くします。

明るさを調整する場合の注意点は、

スマホ写真をアプリで調整する時も、

一眼レフなどで撮った写真を
LightroomやPhotoshopなどのソフトで編集する場合も一緒です。

白飛びや黒潰れに注意して編集しましょう〜!

でも、少しくらいの白飛びや黒潰れはOKですよ(*^^*)

あなたの表現したいイメージによって、
明るさを調整してください〜♪(´▽`)

明るさを変えて、
写真の印象を変えるのも楽しいですよ〜♪

iPhoneやスマホカメラでの撮り方のコツと
アプリの加工の方法はレッスンで詳しくお伝えしています♪
↓ ↓ ↓

iPhone・スマホフォトレッスン 撮り方&画像加工
7月7日(土)@大阪 本町
8月8日(水)@大阪 本町

良かったら、こちらも、ご参考に・・・
カフェの美味しいケーキも明るく撮るだけで、
とっても美味しそうになります♡
【iPhoneスマホ写真のコツ】
カフェでおいしそうに明るく撮る方法と注意点

LINE@(ラインアット)始めました〜♪
お友達追加してもらえると嬉しいです♡
↓ ↓ ↓
友だち追加
@dgr8323p

いろんなお知らせや、ちょっとしたことなども
お送りしていきたいと思っています(*^^*)

インスタも、ちょこちょこポストしてます♪
フォローしていただけると
とっても嬉しいです(*´◡`*)
↓ ↓ ↓
Instagram KEY Instagram インスタグラム

写真+デザインで、
サロネーゼ、ハンドメイド作家、
お稽古の先生、ネットショップオーナーの方など、
女性起業家のブランディングをサポート!

フォトグラファー
フォトスタイリスト
ウェブ&グラフィック デザイナー
KEY(キイ)

kie(きぃ)は、読みにくいと言う意見が多く、変更しました^^

関連記事

  1. 桜

カテゴリー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

PAGE TOP