iPhoneカメラで写真を撮る時に、明るくしすぎると、ダメな理由は?

iPhoneカメラで写真を撮る時に、気をつけること。

明るくしすぎると、なぜ、ダメなのでしょう?

写真撮影&デザインで、
あなたのブランディングをお手伝い!
kie(きぃ)です。
iPhoneフォト&Instagramも研究中です♪

写真は、一般的に、
薄暗い写真より、明るい写真の方が、
きれいに見えると思います♡

暗く カッコよく撮った アンダーフォトは、別ですけど・・・(*^^*)

でも、私は、
iPhoneで、アクセサリーなどを撮る時、
明るく なりすぎないように しています♪

アクセサリーのキラキラした輝きを撮りたい場合は、

明るければ明るいほど、キラキラ感が出そうに思いますけど、

ちょっと 気をつけないといけない ことがあるんです。

その失敗例が、下の写真!


撮る時に、明るく露出補正しすぎたため、
アクセサリーの明るいところが、
真っ白になって、白飛びしています。

バックのテクスチャーも、なくなってしまいました。

白飛びして、何も映っていないところは、
アプリで加工しても、どうしようもありません(><;)

iPhoneフォトレッスンでも、
「真っ白になってしまったところが あるんですけど、
アプリで、どう加工したら良いですか?」
と、聞かれるんですけど、

真っ白になったところは、残念ながら、
アプリでも直せないのです(´Д`;)

同様に、真っ黒に 黒つぶれしてしまったところも
直せないので、気をつけてくださいね(*^^*)

iPhoneカメラは、
一眼レフカメラに比べて、
ダイナミックレンジが狭いので、
白飛びや、黒つぶれしやすいのです。

詳しい説明は、長くなるので、
また今度・・・(*^^*)

撮る時は、明るく露出補正しすぎて、
白飛びしないように、
気をつけて、撮りましょう〜♪(*^^*)

そうして、
白飛びしないように気をつけていると、
暗めになってしまうことがあります。

この写真は、露出補正せずに撮ったので、暗めですけど、
実は、アクセサリーの反射で、背景が 一部 白飛びしています。

これ以上 明るくすると、
アクセサリーも白飛びするので、
明るく露出補正できないのです(^_^;)

このように、少し暗くなってしまっても、
アプリで明るくすれば、
きれいに補正できるので、安心してください(*^^*)

画像加工したものが、一番上の写真です。

加工のやり方は、別の記事で
詳しくご説明しています(*^^*)
 ↓ ↓ ↓
iPhoneで撮ったアクセサリー写真を、
写真アプリでお洒落に画像加工する方法

それから、

一昔前のアクセサリー写真から抜け出して、
今っぽく、インスタっぽい、アクセサリー写真を撮るコツは、
webマガジン「Klastyling」に掲載していただきました♪
 ↓ ↓ ↓

iPhoneカメラで、アクセサリーを
インスタっぽくお洒落に撮るコツ♪

よかったら、見てください〜(´▽`)

ブログランキングに参加しています☆
読んだよ!の代わりに、
応援クリックしていただけると
すごく励みになります(*^^*)
 ↓ ↓ ↓

インスタも、ちょこちょこポストしてます♪
フォローしていただけると
とっても嬉しいです(*´◡`*)
 ↓ ↓ ↓
Instagram kie Instagram インスタグラム

【kie フォト&デザイン メニュー】

引き寄せフォト・プロフィール写真、ポートレート撮影
出張・プライベート フォトレッスン(個人・グループ)
ノートパソコンPhotoshop(フォトショップ)レッスン(個人・グループ)

ノートパソコンアメブロカスタマイズ レッスン(個人・グループ)
ノートパソコンアメブロカスタマイズ
名刺名刺 制作

ホームページ制作、
Lightroom レッスンなど、
ご要望に応じて行いますので
ご相談くださいね(*´◡`*)

お申込み・お問い合わせは
こちらから☆

 ↓ ↓ ↓
お申込み お問い合わせ

関連記事

  1. 芍薬 iPhoneで撮影

カテゴリー

2019年7月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

PAGE TOP